重版出来 第7話(ユーチューブでどうぞ)

色んな解釈があるでしょうが
この回でのムロツヨシ(沼田)のつぶやきを見逃せない
単なる自己犠牲の話、いいえそうじゃない己の存在価値を問う話を書いたのだ
ただそれを解ってくれる出版社がなかった為世に出ないままになっていた
言い換えれば解らせる事が出来なかった
いつか自由に書ける時が来たら世に出そういつか・・・いつかと彼は思いながら過ごしてきた
いつか理解して貰える、いつか良い編集者に出会えるかもしれない、いつか
希望を捨てていない、落ち込んでも居ない、だからいつか・・・
それは気を紛らわしているだけで本気で戦っていないだけなのだ
そうして本気で戦わないまま年月が過ぎてしまった、自分に向き合うまでに時間がかかった

もっと早くに本気で戦っていればという話




戻る